給湯器のエラーコード【121】の原因と対処法!【途中失火】

ガス給湯器のリモコンに「121」の数字が表示された場合は、給湯器を使ってお湯を沸かしているときに火が消えたことを知らせるエラーコードです。このエラーは「途中までちゃんとお湯が出ていたのに急に冷たい水になる」ことが特徴です。

  • 給湯器のリモコンに「121」と表示される原因と対処法を知りたい
  • 給湯器でお湯を使っているときに急に水が冷たくなった
  • ある日突然お風呂に溜めたお湯がぬるくなった

上記のような理由で検索し、この記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。「121」のエラーコード自体は、内部の機械的な故障のほかにも、外的要因や一過性のものなど、自分で解決できることもあります。

この記事では、給湯器の「121」エラーコードに関する原因や危険性をお伝えするとともに、専門業者へ依頼する前に自分で確認できるポイントをわかりやすくお伝えします。

もちろん、自分で解決できない機械的な故障も考えられるので、故障時にはどれくらい修理費用がかかるのか?ということについても解説していきます。

給湯器のエラーコード【121】の症状と原因

給湯器のエラーコード「121」は、お湯を沸かしている途中で火が消えてしまったことを示すものです。

代表的な給湯器メーカー4社のエラーコード「121」正式名称は、下記の通りです。

メーカー名 121エラー名称
Rinnai(リンナイ) 給湯途中失火
Noritz(ノーリツ) 給湯立ち消え安全装置作動
Paloma(パロマ) 給湯立ち消え安全装置作動、給気汚染異常
PURPOSE(パーパス) 給湯失火、給気汚染異常

ご覧いただいた通り、メーカーは違えど名称は同じような意味ですね。メーカー独自のエラーコードもありますが、一般的なエラーコードは各社共通となっています。

ここからは以下の順番で詳しく解説していきます。

  1. 給湯器のエラーコード【121】の症状
  2. 給湯器のエラーコード【121】の原因
  3. 給湯器のエラーコード【121】の危険性

給湯器のエラーコード【121】の症状

「121」のエラーは、数多くある給湯器のエラーの中でも比較的多く生じるエラーです。エラーコード「121」の症状は、お湯を出している途中で水が冷たくなるということです。

似たような症状のエラーコードとして「111」というものがあります。こちらは、給湯器の火が点かない!という「点火不良」を示すエラーなので、お湯を沸かすことができず水は最初から冷たいままです。

「121」と「111」の症状の違いは、以下の通りです。

エラー名称 症状
「121」給湯途中失火 給湯器でお湯を出しているときに急に冷たくなった
「111」点火不良 給湯器でお湯を沸かしたいのに火が点かず水が冷たいまま

給湯器のエラーコード【121】の原因

エラーコード「121」は、給湯器がお湯を作るときに、火が途中で失火する、または失火したと誤検知することで起こります。

考えられる原因はいくつもありますが、その中で代表的な原因を紹介します。

ガスの供給自体に原因がある場合

最初に考えられるのが、給湯器がお湯を沸かすときに使用する、ガスの供給自体の原因です。

  • (都市ガス)供給支障でガス会社が供給するガス自体が止まった
  • (プロパン)ガスボンベの残量がなくなった
  • (都市ガス/プロパン)ガスメーター本体のガス遮断
  • (都市ガス/プロパン)ガスメーターコック、または器具ガス栓が閉まった
  • (都市ガス/プロパン)ガスの供給圧力が下がった

上記のようなことが考えられます。

外的要因の場合

ガスの供給自体に問題がない場合、以下のような外的要因も考えられます。

  • 大雨などで給湯器本体の給排気口に水が混入した場合
  • 給湯器本体の排気口から風が逆流した場合
  • 給湯器本体の給排気口を異物が塞いでいる場合

部品の汚れ、故障の場合

最後に、機器本体の部品に原因が場合です。

  • 給湯器内部のガスノズルや電磁弁などの故障
  • 火を検出するセンサーの故障、または汚れ

給湯器のエラーコード【121】の危険性

すべてのエラーに共通して言えることですが、エラーが発生したということは安全装置がしっかり働いたということです。

火が消えているのに安全装置が作動せずガスを供給し続けると、最悪の場合はガス爆発を引き起こす恐れもあります。それを未然に防いでくれるための安全装置なので、エラーが出ても落ち着いて行動しましょう。

給湯器のエラーコード【121】の対処法

エラーコード「121」を対処するには、エラーの原因を特定して適切に対処することが大切です。エラーの原因を特定できれば、給湯器の修理業者に依頼しなくても自力で解決できる場合もあるので、ぜひ以下の確認項目を参考にしてください。

[確認]エラーコード【121】を解消するために、最初に確認すること

まずは、エラーの原因が給湯器本体なのか、それ以外なのかを以下の手順で確認します。

  1. 給湯器のリモコンを使って給湯器の電源をオフにする
  2. 他のガス機器(ガスコンロなど)が使えるか確認する

他のガス機器が、使える場合

給湯器本体に原因がある可能性が高いです。下記の対処項目を確認してください。

他のガス機器が、使えない場合

他のガス機器が使えない場合、または他にガス機器がなく確認できない場合は、下記の対処項目を確認してください。

[確認]リモコン操作で、エラーコード【121】を解消する方法

給湯器本体に原因があることが想定される場合は、給湯器の電源を入れ直し、再度お湯を出す操作をすることで、解決することがあります。

エラーが再発せず、問題なく給湯器が使える場合は、そのまま使っても問題ありません。

[確認]給湯器本体を確認して、エラーコード【121】を解消する方法

リモコン操作で給湯器の電源を入れ直したときに、エラーコード「111」が出る場合があります。「111」については、先述の「給湯器のエラーコード【121】の症状」で解説した通り、点火不良のエラーです。

給湯器本体は、ほとんどの場合は屋外に設置されているので、屋外に設置されている場合は雨風の影響を受けてしまう可能性があります。給湯器本体が雨風にさらされていないかを確認しましょう。濡れていたり風の影響を受けている場合は、天候が回復して給湯器本体が乾くまで使用を中断しましょう。

また、給湯器本体の給排気口付近が塞がっている場合は、給湯器内部の燃焼状態が変化し、火が吹き消えてしまうことがあるので、異物があれば取り除きましょう。

給湯器本体が雨風の影響を受けていない、または異物で塞がれていない場合は、給湯器内部の部品に問題がある可能性が高いので、専門業者に見てもらう必要があります。

[確認]ガスメーターの操作で、エラーコード【121】を解消する方法

給湯器のエラーが出たタイミングで、他のガス機器も使えなくなった場合は、ガスの供給が止まっている可能性があります。

下記のサイトを参考に、ガスメーターの状態を確認したうえで、ガスの供給が止まっている場合は復帰操作を行いましょう。

参考:日本ガスメーター工業会|マイコンメーターの復帰方法(プロパンガス)

マイコンメーターの復帰方法 〈LPガス〉

参考:日本ガスメーター工業会|マイコンメーターの復帰方法(都市ガス)

マイコンメーターの復帰方法 〈都市ガス〉

なお、普段ガスメーターを見る機会がないので、どこにあるかわからない…という方も多いのではないでしょうか?

集合住宅の場合は玄関を出て左右どちらかに、パイプシャフトと呼ばれる扉付きの空洞があることが多いです。一般的にはパイプシャフト内にガスメーターや給湯器本体が入っていることが多いです。

戸建ての場合は、建物の外周に設置していることが多いです。家の建屋をグルッと一周してみると、ガスメーターが見つかるはずです。

[修理]自分で解決できない場合は、修理や交換が必要

先述した自分で対応可能な確認項目で、解決しない場合は修理や交換が必要です。

給湯器本体、リモコン操作、ガスメーターの確認をしても解決しない場合は、給湯器本体の内部部品の異常が疑われます。その場合は、給湯器の修理を依頼するか、給湯器本体の買い替える必要があります。

一般的に、各メーカーが定めている設計標準使用期間(標準的な環境下で安全に使用できると想定される目安期間)が10年なので、その期間を念頭におきながら、修理と買い替えを判断する必要があります。

給湯器の追い焚き機能は使えることも

給湯器本体の故障で給湯機能が使用できない場合でも、追い焚き機能が付いている給湯器の場合、追い焚き機能だけは使える可能性があります。これは、給湯と追い焚き機能が給湯器内部で構造が別れているためです。

エラーコード【121】の修理費用目安

エラーコード「121」の修理と費用の一例は下記の通りです。故障原因によっては複数部品の取替が必要となるので、より修理費用が高くなる可能性もあります。

  • 点検・手直し:5,000~8,000円程度
  • 点火部品関連の修理 5,000~12,000円程度
  • 電装基板の修理 22,000~38,000円程度

まとめ

以上、ガス給湯器のエラーコード「121」の原因と症状、対処法について解説しました。

エラーコード「121」は、故障以外にも自分で解決できる可能性があるエラーです。給湯器のエラーは普段見る機会が少ないので、急に「121」という文字がリモコン上に表示されると、不安になるものです。

最後にもう一度おさえて頂きたいのは、エラー発生時は危険な状態ではなく、安全装置がしっかり働いて安全が保たれた状態だということです。

慌てずゆっくりと、本記事の確認事項を参考に確認し、自分で解決できるのか、専門業者での作業が必要なのかを見極めてください。

人気の給湯器交換業者3選

キンライサー

施工実績 累計10万件以上、年間25,000件以上
取扱メーカー リンナイ・ノーリツ・パーパス・パロマ・その他多数
対応エリア 関東・関西・中部・九州
即日対応 当日・翌日の対応可能

キンライサーは、創業20年以上・累計10万件以上の施工実績を誇る給湯器交換の専門業者。対応エリアは関東・関西・中部・九州で、24時間・365日受付対応!給湯器部門で3冠を達成するなど、サービス・価格・対応力が高く評価されています。

湯ドクター

施工実績 累計8万件以上
取扱メーカー リンナイ・ノーリツ・パーパス・パロマ・その他多数
対応エリア 全国
即日対応 当日・翌日の対応可能

湯ドクターは、創業90年以上・累計8万件以上の施工実績がある給湯器交換の専門業者。全国対応、電話受付は24時間365日、当日や翌日の工事も可能!最新のエコジョーズやハイブリッド給湯器など、家庭用から業務用まで取り扱っています。

正直屋

施工実績 非公開
取扱メーカー リンナイ・ノーリツ・パロマ・チョウフ
対応エリア 全国
即日対応 当日・翌日の対応可能

正直屋は、全国に100店舗以上を展開している給湯器交換の専門業者。店舗所在地から施工現場が近い場合は最短30分で即対応!最長10年保証や取扱品数100種類以上、最大81%オフなどサービス内容も充実しています。