給湯器のエラーコード【140】の原因と対処法!【過熱防止装置作動】

ガス給湯器のリモコンにエラーコード「140」が表示していると、給湯器内部の安全装置が働いて機器が作動しない状態になっています。リモコンの種類によっては、「140」ではなく、「14」と表示される場合もありますが内容は同じです。

この記事をご覧になっている方の中には

「ガス給湯器のエラーコード 140の原因や対処法は?」
「リセットしながら使い続けても大丈夫?」
「140が直らない場合、修理と交換どちらを選ぶべきなのか?」
「今後、140が発生する事態を防ぐためにできることは?」

などが気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、「140」は修理や交換が必要となる可能性が非常に高いエラーコードで、熱いお湯が出て火傷などの事故につながる危険性もあります。ただし、使用年数や状況によって発生原因や修理にかかる費用も大きく異なってくるため、修理依頼前に状況を整理しておくことも重要です。

そこで今回は、ガス給湯器のエラーコード「140」 の原因・症状・対処法、修理と交換のどちらを選ぶべきかの判断ポイント、再発予防法などについて詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、エラーコード「140」のエラー内容や危険性が確認でき、適切な対処ができるようになるでしょう。

給湯器のエラーコード【140】の症状と原因

給湯リモコンにエラーコード「140」が表示している限り、給湯器は正常に作動しない状態にあります。対象の給湯器メーカーは、リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスなどで、主な症状や原因、対処法は同じです。

  1. エラーコード【140】の症状
  2. エラーコード【140】の原因
  3. エラーコード【140】の危険性

それでは順番に詳しく解説していきます。

エラーコード【140】の症状

「140」は給湯器全般に共通するエラーコードで、「お湯が出ない症状」が一般的です。また、ガス温水床暖房やガス浴室暖房乾燥機が使える暖房機能付きタイプの場合は、「暖房が動かない症状」が発生することもあります。

エラーコード【140】の原因

給湯器のエラーコード「140」の主な原因は燃焼系部品の不具合ですが、考えられる原因は1つではありません。

同じエラーコードであっても、過熱防止装置が作動、温度ヒューズの断線、熱交換器の損傷、配線の断線やコネクタ外れなど様々な状況が考えられるため、詳細は給湯器の内部を点検しなければ特定することは不可能です。

エラーコード【140】の危険性

給湯器のお湯が高温になっている可能性があるため、「140」はやけどに注意が必要なエラーコードです。

給湯器のエラーコード【140】の対処法

エラーコード「140」が表示されている限り、給湯器を使用することができませんし、状況を確認してみなければ一時的なエラーなのか、完全に故障している状態なのかも判断ができません。そこで、やけどに十分注意した上で、いくつか確認しておきたい内容があります。

  1. 給湯リモコンでエラーリセットする方法
  2. 給湯器本体のコンセントでリセットする方法
  3. リセット以外に自力で解決する方法
  4. 自力でエラーコードを対処するときの注意点
  5. 解決しないなら修理や交換を依頼する

それでは順番に詳しく解説していきます。

給湯リモコンでエラーリセットする方法

エラーコード「140」が表示した段階でシャワーや蛇口のお湯は水になっていますが、一度すべての蛇口を閉めてください。床暖房や浴室暖房を使っていた場合は、暖房リモコンで停止の状態にしておきます。

次に給湯リモコンに「140」が表示されていることを確認し、運転スイッチを押して「切」の状態にして、もう一度「入」の状態に戻します。

液晶画面から「140」の表示が消えたことを確認してから、蛇口を開けてお湯を出してみます。このとき、やけどには十分注意をしてください。暖房使用中に「140」が出ていた場合は、暖房運転も行って様子をみてください。

給湯器内部で不具合が生じている場合は、すぐに「140」が再表示されて運転が停止されますが、問題なく運転が開始された場合は、原因は一時的なバグや配線の接触不良、壊れかけの可能性が高くなります。

いずれにしても、再び「140」が発生した場合は何らかの不具合が残っていることになるため、点検や修理が必要となります。

給湯器本体のコンセントでリセットする方法

給湯リモコンのリセットでは解決しなかった場合、給湯器本体の電源プラグを抜き差しすることでリセットする方法もあります。

ただし、電源プラグでのリセットが有効なのは一時的なバグの場合に限られるため、「140」特有の不具合が生じている場合は状況が変わることはありません。また、安全装置の作動で停止している状態を一時的に強制解除することになるので、やけどなどに注意をしながら確認をすることが重要です。

リセット以外に自力で解決する方法

エラーコード「140」に関しては、エラー原因の全てが給湯器内部に該当するため、メーカーや業者が対応しなくてはなりません。結果的には、「配線のコネクタが外れかけていただけ」という場合もありますが、それでも前板を開けての作業はNGのため、ユーザーが自分で対処することはできません。

自力でエラーコードを対処するときの注意点

エラーコード「140」の場合は、自分でできる唯一の項目がリセット操作になります。壊れかけや接触不良の場合はリセットで一時的に改善しても、いつ危険な状態になるかわからないため、様子をみるにしても十分に注意をする必要があります。

解決しないなら修理や交換を依頼する

エラーコード「140」は、リセットしても再び発生する可能性が高いエラーコードです。自分でできることも限られているため、諦めて点検や修理、交換を検討することも必要です。

給湯器のエラーコード【140】は修理か交換どちらを選ぶべき?

エラーコード「140」を完全に解決しない限り、安心してシャワーも浴びることができません。そのため、自分での対処を諦めて早めに相談することも重要です。

  1. 賃貸の場合は貸主に相談をする
  2. 持ち家なら使用年数を目安に判断する
  3. 給湯器のエラーコード【140】の修理費用
  4. 給湯器を交換する場合のコツ

それでは順番に解説していきます。

賃貸の場合は貸主に相談をする

賃貸マンションやアパートの給湯器でエラーコード「140」が発生した場合、多くの場合は貸主(管理会社、大家)が点検や修理の費用を負担してくれるため、まずは電話をしてみましょう。

「賃貸アパートで給湯器が故障したときの対処法は、以下の記事で詳しく紹介しています」

関連記事

現在賃貸アパートに住んでいて給湯器が故障して使えなくなった場合、給湯器の点検や修理が必要となり、場合によっては商品交換が必要になってきます。 この記事をご覧になっている方の中には 「賃貸で給湯器が故障したらどう対応すればよいのか[…]

賃貸アパート 給湯器

持ち家なら使用年数を目安に判断する

持ち家の給湯器でエラーコード「140」が発生した場合、自分で修理や交換をする必要があります。「140」の場合は、使用年数が一つの判断材料になってきます。

使用年数が短い場合

給湯器の交換の目安は約10年と言われておりますが、使用頻度が高い世帯では7年程度で交換する場合もあります。給湯器の状態にもよりますが、7年未満であれば点検や修理対応でよいかもしれません。

使用年数が長い場合

エラーコード「140」は使用年数による部品劣化が関係していることも多く、使用年数が10年近い場合は高額修理も懸念されるため、商品交換の検討をおすすめします。使用頻度が高い場合は、7~8年でも交換をおすすめされる場合もあります。

「給湯器の寿命年数の目安や使い続けるデメリットは、以下の記事で詳しく紹介しています」

関連記事

ガス給湯器にも寿命があります。徐々に調子が悪くなっていく場合もあれば、ある日突然動かなくなる場合もあり、交換する時期も各世帯でバラバラです。 この記事をご覧になっている方の中には 「ガス給湯器の寿命年数は本当に10年なのか?」 […]

寿命年数

給湯器のエラーコード【140】の修理費用

エラーコード「140」の場合、不具合内容で修理範囲も大きく異なってきます。部品交換なしで直る場合もあれば、複数の部品交換が必要になる場合もあります。以下は修理の一例と費用の目安になります。

  • 過熱防止装置・温度ヒューズ切れの修理:4,500~21,000円程度
  • 給湯バーナーの修理 13,000~21,000円程度
  • 熱交換器の修理 32,000~58,000円程度

複数の処置が必要な場合は、修理費用が膨れ上がる場合もありますし、対応する業者や給湯器の種類、設置環境などによって金額が大きく前後する場合もあるため、修理依頼の際に概算費用を聞いておくことをおすすめします。

給湯器を交換する場合のコツ

エラーコード「140」の場合、お湯が出ないという緊急事態が想定されるため、時間をかけて交換検討をする余裕はありませんが、その状況下でも安く購入できることが望ましいです。

給湯器を安く購入・設置したいなら

エラーコード「140」を解決するには一刻も早い商品交換が必要ですが、焦って高い値段で購入することはおすすめできません。最低でも次の項目は実践することをおすすめします。

  • ネット業者の簡単見積もりを活用する
  • 効率よく複数の見積りを取って比較する

「給湯器を安く購入・設置するコツは、以下の記事で詳しく紹介しています」

関連記事

ガス給湯器の交換の目安は約10年と言われており、持ち家の場合は今後も周期的に商品交換をする時期がやってきます。給湯器の交換は設置工事も伴うため、専門業者による見積りが必要となり、交換費用の総額がいくらかかるかは業者との交渉で決まります。 […]

給湯器 安く買う方法

給湯器を自分で交換したいなら

一定の条件を満たしていれば、自分で商品交換することも可能です。

「自分で給湯器交換するときの流れ・安く交換するコツは、以下の記事で詳しく紹介しています」

関連記事

ガス給湯器の寿命は約10年が目安と言われているので、自宅にガス給湯器が設置されている場合は、今後交換しなければいけない時期がやってきます。 この記事をご覧になっている方の中には 「ガス給湯器は自分で交換できるのか?」 「交換す[…]

ガス給湯器は自分で交換

今後エラーコード【140】でお湯が出なくなる事態を防ぐために

給湯器のエラーコード「140」は様々な要因が関係しているため、100%予防することは難しいですが、エラーの発生リスクを減らす方法、発生してしまった場合の修理費用を最小限に抑える方法があります。

  1. 自分でできるメンテナンス
  2. 新しい給湯器に交換するなら延長保証も検討する

それでは順番に詳しく解説していきます。

自分でできる【140】対策メンテナンス

給湯器のエラーコード「140」の大敵は、給湯器内部の腐食や劣化、詰まりです。そして、これを防止するには「給湯器の掃除」が重要ポイントになってきます。給湯器の給排気口のホコリや異物は定期的に取り除くようにしましょう。

新しい給湯器に交換するなら延長保証も検討しよう

エラーコード「140」を経験された方は、点検や高額修理による出費で悩まされる方も少なくありません。そこで給湯器を交換する際には、再び「140」や他のエラーコードが発生することも考え、メーカー保証期間後も修理や点検が無料になる「延長保証」もあわせて検討しておくことをおすすめします。
最大10年保証までのプランがあり、エラーコード「140」なら一度の修理で元が取れる可能性が十分あります。

まとめ

以上、ガス給湯器のエラーコード「140」 の原因・症状・対処法、修理と交換のどちらを選ぶべきかの判断ポイント、再発予防法などについてご紹介しました。

エラーコード「140」は、自分で直すことができない、やけどの危険性がある、使用年数が長い場合は高額修理になりやすいのも特徴です。リセットの繰り返しで応急的にお湯が使えていても、放置することで症状が悪化して修理範囲が広がっていくことも十分考えられます。

使用年数が10年近い場合は、エラーコード「140」に関係のない部品も劣化が進んでいる状況も考えられ、「140」の修理後に新たなエラーコードが発生する可能性もあります。各世帯で内部の劣化状態も異なるため、修理か交換の判断が難しい場合は、メーカーや業者に判断を委ねてみてはいかがでしょうか。

人気の給湯器交換業者3選

キンライサー

施工実績 累計10万件以上、年間25,000件以上
取扱メーカー リンナイ・ノーリツ・パーパス・パロマ・その他多数
対応エリア 関東・関西・中部・九州
即日対応 当日・翌日の対応可能

キンライサーは、創業20年以上・累計10万件以上の施工実績を誇る給湯器交換の専門業者。対応エリアは関東・関西・中部・九州で、24時間・365日受付対応!給湯器部門で3冠を達成するなど、サービス・価格・対応力が高く評価されています。

湯ドクター

施工実績 累計8万件以上
取扱メーカー リンナイ・ノーリツ・パーパス・パロマ・その他多数
対応エリア 全国
即日対応 当日・翌日の対応可能

湯ドクターは、創業90年以上・累計8万件以上の施工実績がある給湯器交換の専門業者。全国対応、電話受付は24時間365日、当日や翌日の工事も可能!最新のエコジョーズやハイブリッド給湯器など、家庭用から業務用まで取り扱っています。

正直屋

施工実績 非公開
取扱メーカー リンナイ・ノーリツ・パロマ・チョウフ
対応エリア 全国
即日対応 当日・翌日の対応可能

正直屋は、全国に100店舗以上を展開している給湯器交換の専門業者。店舗所在地から施工現場が近い場合は最短30分で即対応!最長10年保証や取扱品数100種類以上、最大81%オフなどサービス内容も充実しています。