ガス給湯器は自分で交換できる?お得に安く交換する3つのコツも紹介

ガス給湯器の寿命は約10年が目安と言われているので、自宅にガス給湯器が設置されている場合は、今後交換しなければいけない時期がやってきます。

この記事をご覧になっている方の中には

「ガス給湯器は自分で交換できるのか?」
「交換するときの手順や流れは?」
「安く交換するためのコツは?」

など気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、ガス給湯器の交換は自分でも可能ですが、交換するためには非常に高度な技術が必要となるので、素人が自分で作業して何か一つでも作業手順を間違えると故障や事故の原因となるので注意が必要です。

そこで今回は、自分でガス給湯器を交換するための条件、交換の手順、業者に安く見積りしてもらうコツを詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、すでにガス給湯器の調子が悪い方はもちろん、今後給湯器が故障した場合にもスムーズな対応ができるでしょう。

ガス給湯器を自分で交換するための必要条件

ガス給湯器はガス・給水・給湯などの配管接続が必要な設備機器です。ふろ給湯器なら追いだき配管、暖付きなら暖房配管の接続も必要です。そして、ガス漏れや水漏れをさせないように工事することが絶対であり、非常に高度な技術が必要となります。

給湯器のシステムを十分理解しているか?

給湯器は家の中へ配管を通してお湯を供給しているシステム商品です。

  • キッチン、洗面、シャワー用の給湯配管
  • 湯はり、追いだき用の追いだき配管
  • 床暖房や浴室暖房乾燥機用の暖房配管
  • 給湯器に指示をするリモコン接続

どれか一つでも接続ミスがあると、給湯器が作動しなかったり、エラーが発生したり、最悪の場合は大きな事故につながります。

商品や部材を全て自分で準備できるか?

給湯器の交換には、給湯器本体はもちろんのこと、リモコンや様々なオプション部材の手配が必要です。
メーカーや機種が変わると、配管接続位置や配管接続口径が異なる場合もあります。その場合、配管の延長や異形部材の対応も必要ですし、省エネタイプのエコジョーズに交換する場合は、ドレン配管工事の部材も必要です。

<補足>
エコジョーズとは
少ないガス量で効率よくお湯を沸かす省エネ性の高い給湯器です。効率がアップすると、ガスの消費量が少なく済むので、環境にやさしくガス料金の節約にもつながります。
参照:リンナイ | エコジョーズって何ですか?

さらに、マンションに多いPS(パイプシャフト)設置の場合、給湯器本体を固定する取付枠の選定が必要な場合もあります。

専門の工事資格を持っているか?

都市ガスには「ガス事業法」、プロパンガスには「液化石油ガス法」という法律があり、給湯器の設置工事には様々な制限や規定があります。

ガス事業法:電子政府の総合窓口e-Gov | ガス事業法
液化石油ガス法:電子政府の総合窓口e-Gov | 液化石油ガス法

その上で、ガス給湯器の工事は、「液化石油ガス設備士」や「ガス機器設置スペシャリスト」など、特定の資格を持っている人だけが許されており、誰でも行えるわけではありません。

さらに、資格を持っている人でさえも工事範囲に制限があります。
・液化石油ガス設備士:都市ガス現場の給湯器の交換ができない
・ガス機器設置スペシャリスト:一部のプロパンガス現場(燃焼機器用ホースでの工事は可)や主に屋内設置の給湯器は交換できない

つまり、給湯器の交換をするためには専門資格が必要で、精度の高い工事をするためには知識と経験も必要となります。

ガス給湯器の選定~設置工事完了までの流れ

ここからは、給湯器の交換には欠かせない基礎知識と交換完了までの流れを解説しています。

  1. 給湯器の基本情報を確認する
  2. 新しいガス給湯器やオプション品を選ぶ
  3. 給湯器の交換工事と試運転を行う
  4. 給湯器の基本情報を確認する

    メーカー・型式・ガス種

    給湯器の交換には、使用中の「商品仕様」と「設置状態」の確認が必須であり、まずは給湯器正面に貼ってある銘板ラベルを確認してみましょう。

    ・メーカー・・・ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスなど(※ガス会社仕様の場合は、メーカー名とガス会社名の両方が記されています。)
    ・型式・・・ノーリツ(例:GQ,GT,GRQ,GTH~など)、リンナイ(例:RUX,RUF,RFS,RUFH,RVD~など)
    ・ガス種・・・都市ガス(13A)、プロパン(LPG)
    これらは、新しい機種(後継機種)を検討するために必ず必要となる情報です。

    号数・タイプ

    使用中の型式から、号数(24号/20号/16号など)やタイプ(従来タイプ/エコジョーズ、フルオート/オートなど)を確認できます。
    カタログなどで調べることもできますが、メーカーのコールセンターに問い合わせれば、見方はもちろんのこと、後継機種なども教えてくれます。

    設置場所

    給湯器には様々な設置形態があります。
    ・屋外設置・・・壁掛設置(外壁に固定)や据置設置(地面に固定)が一般的です。マンションであればベランダに設置されていることが多く、一戸建てであれば外周をグルっと見渡せば見つかります。

    ・PS設置
    マンションやアパートの共用廊下のPS(パイプシャフト)に設置されています。PS直付け設置(給湯器が見えている)とPS扉内設置(PS扉の中に隠れている)があります。
    ・屋内設置
    賃貸物件などでは、給湯器が家の中に設置されていることもあります。設置場所は専用スペースや脱衣室など、間取りの関係で様々です。

    商品や設置状態をスマホで撮影

    以前は、給湯器の見積りは訪問して現場確認をすることが一般的でしたが、現在は現場写真をメールやLINEで送るだけで簡単見積もりをしてくれる業者も増えてきています。
    それを最大限活用するには、次の写真も撮っておくことをおすすめします。

    • 給湯器の正面に貼られているラベル
    • 給湯器全体
    • 給湯器の配管部分
    • 給湯器のまわり(工事作業スペース)
    • リモコン(台所/浴室)
    • 循環アダプター(浴槽内)

    ネット見積りだけでなく、近所の販売店などに相談する場合も、写真を撮っておくことで話がスムーズに進みます。

    新しいガス給湯器やオプション品を選ぶ

    カタログでラインナップを把握する

    給湯器の仕様やデザインなどを確認するには、カタログは欠かせません。メーカーにカタログ請求することも可能ですが、WEBカタログで今すぐチェックも可能です。

    メーカー名公式サイト
    ノーリツWEBカタログ
    リンナイWEBカタログ
    パロマWEBカタログ
    パーパスWEBカタログ

    メーカーに後継機種やおすすめを聞く

    給湯器メーカーのコールセンターは修理の受付だけでなく、商品の使い方や仕様の質問にも答えてくれます。例えば、前項で調べておいた給湯器の型式を伝えることで、同等仕様の後継機種を教えてくれますし、カタログを見ていて気になった疑問点などにも答えてくれます。
    コールセンターは、日々多くのユーザーや販売店の問い合わせを対応しているので、給湯器交換に関する知識や情報量も豊富です。とても便利なので上手に活用しましょう。

    販売店の無料見積りを利用する

    給湯器の交換に欠かせないのが、プロの給湯器交換業者による無料見積りです。
    工事まで依頼する方はもちろんのこと、自分で交換を検討している資格保有者の方も是非活用してください。
    なぜなら、給湯器やリモコンに加え、その他のオプション部材の型式も一覧化してくれるため、自分で選んでいたものと比較して間違いがないかの答え合わせができるからです。

    給湯器の交換において商品選びはもちろんのこと、部材選びで間違いが一つでもあれば追加発注が必要です。費用を抑えるために自分で交換を検討していたのに、返品もできず、次の現場に転用もできず、無駄な出費をしていては本末転倒です。

    選んだ商品(工事)を発注する

    販売店に工事を任せる方は、契約をして工事日時を決めればOKです。
    一方、自分で工事をされる方は、商品手配も全て自分で行います。マンションに住んでいる方は、軒下渡し(エントランスまで)が基本ですので注意してください。

    給湯器の交換工事と試運転を行う

    給湯器の交換は、

    1. 本体の交換
    2. リモコンの交換
    3. オプション部材の交換
    4. 試運転

    上記4つをおこなって、初めて完了となります。

    給湯器本体の交換

    給湯器の交換工事は、資格保有者が工事説明書に書かれている手順で行います。設置工事には、ガス関連の法律以外に建築基準法改正に伴う準拠も必要ですし、エコジョーズのドレン配管は下水道法に基づく工事なども必要です。

    給湯器の交換は様々な法律が絡んでくる設備であるため、とにかくプロに任せるのが一番です。仮に自分で工事をされて不具合が生じた場合は保証の対象になりませんし、重大事故につながった場合の責任も問われるため、十分ご注意ください。

    リモコンの交換

    リモコンは台所、浴室、中には増設リモコンが設置されている場合もあり、全て交換が必要です。基本的には既存の配線を再利用して取り替えるだけですが、壁の中で配線が断線したりしていると追加工事費用が必要となる場合があります。
    また、浴室リモコンは防水処理にコーキングをする必要があり、経験者でなければやや難しい作業です。

    オプション部材の交換

    給湯器の機種や設置環境によってはリモコンの他、多くの部材が必要となる現場もあります。以下はその一例です。
    ・循環アダプター・・・浴槽の湯はりや追いだきをするための金具
    ・配管カバー/据置台・・・給湯器下部の配管を隠す/給湯器を置いて固定する部材
    ・排気カバー・・・排気に関する設置基準を満たせない場合に排気吹き出し向きを変更する部材
    ・PS取付枠・・・マンションのPSに給湯器を固定する部材

    試運転

    全ての交換作業が終われば、給湯器の作動確認を目的とした試運転を行います。
    試運転エラーが発生すれば、不具合箇所を探し出し、手直しをして再試運転を行います。
    難易度の高い給湯器であれば、プロの販売業者でも試運転に手間取り、メーカーのサービスに頼ることもあるぐらいです。
    給湯器の交換は経験が命であり、資格を持たれている方でも初めて交換作業を行う場合は要注意です。

    <補足>
    工事を依頼する場合は販売価格だけに目を向けず、工事実績が豊富な販売店を選ぶことも重要です。

    給湯器を安く交換する3つのコツ

    給湯器のカタログに書かれている定価は非常に高く、販売店が値引きをして販売するのが通常です。機種にもよりますが、50~80%前後の値引きは当たり前と考えておくべきでしょう。
    ただし、良心的な販売店もあれば、悪質な販売店もあり、商品代と工事代をどこまで安くできるかは、利用者側の知識も少なからず必要です。

    壊れる前に交換を検討する

    給湯器の交換需要がもっとも増えるのは、やはり冬場です。
    理由はとてもシンプルで、寒くなるとお湯を使う量が圧倒的に増えて給湯器がフル稼働し、故障するリスクが高くなるからです。
    給湯器の販売店も繁忙期は人手不足に陥りがちで、希望の工事日が取れない、即日工事が難しいこともあります。
    給湯器の販売店は、給湯器が壊れると死活問題になることを熟知しており、必ず交換が必要という状況を逆手に取ることもあります。つまり、給湯器の価格交渉が難しくなるということです。
    給湯器の寿命の目安は約10年と言われており、すでに長く使っている場合は給湯器が故障する前に無料見積りを取って値引き交渉をしておくことをおすすめします。

    同じ給湯器メーカーで検討する

    現在使用している給湯器メーカーで満足している場合、同じメーカーで検討することが工事費用を抑えるコツの一つです。

    追加工事費用の削減

    ガス給湯器の工事費用には「標準取付工事費用」と「追加工事費用」があります。
    そして給湯器の交換トラブルで多いのが、設置工事をする中で追加工事費用が膨れ上がって見積りよりも高くなるケースです。

    例えば、交換機種によって配管の接続位置が異なり、配管部材の延長が必要となった場合は「追加工事」となります。ただし、同じメーカーであれば配管位置も類似しているため、追加工事のリスクを減らすことができます。

    オプション部材の再利用

    給湯器の交換においては、オプション部材も一式交換するのが基本です。
    しかし、状況によってはリモコンや部材を現場判断で再利用可と判断することもあります。(※メーカーに問い合わせてもNGという答えしか返ってきません)
    比較的新しく、交換後の給湯器と互換性がある場合に限りますが、費用を少しでも抑えたい場合は確認してみるのもよいでしょう。

    最低2~3社の見積りを取って比較する

    販売店の価格設定は非常に幅広く、同じ機種で見積りをとっても2倍近く価格差が出る場合もあります。
    また、販売店によって主力商品は異なるため、給湯専用機は安くてもふろ給湯器は高い場合もあります。ネットで「〇〇機種:82%OFF」などとPRされていても、それは何百という機種の中の一つの事例に過ぎません。
    自分の家に適した給湯器の割引率が高くなければ全く意味がなくなります。
    部材の割引率や工事費用も販売店によって異なるので、総額でいくらになるのか?適正価格はどれくらいなのか?を見極める必要があり、最低でも2~3社以上の見積りを取ることをおすすめします。

    同じ型式で見積りを取るのがポイント

    同じ号数の給湯器でも、スタンダード機種もあれば高グレードまたは廉価版(普及促進を目的とした低価格の商品)の機種もあり、型式も微妙に異なる場合があります。
    みなさんから見れば、同じメーカーで同じ24号であれば安い価格を選びがちですが、それは廉価版かもしれません。場合によっては性能が落ちて使い勝手が悪くなる可能性もあるので、型式確認もしっかり行うことが失敗しないポイントです。

    値引きに限界を感じたら延長保証を打診する

    ネット業者は最初から大きく値引きをしていることも多く、価格交渉が難しいケースもあります。これ以上は値引きが難しいと感じたら、ダメもとで「延長保証」というオプションの追加交渉をしてみましょう。

    <例:ノーリツの安心プランS加入の場合>
    5年・7年・10年保証があり、ノーリツに直接申し込むと家庭用ガス給湯器なら4,400円~26,400円(税抜)の費用が必要となる
    参照:ノーリツ | 安心プランS(延長保証サービス)

    延長保証は付加価値が非常に高いオプションなので、延長保証込みで見積りを安くできないか?を一度打診してみてもいいかもしれません。

    まとめ

    以上、自分でガス給湯器を交換するための条件、交換の手順、業者に安く見積りしてもらうコツについてご紹介しました。

    給湯器を少しでもお得に交換するには、複数社の無料見積りと交渉が欠かせません。

    使用年数が10年近い方、最近給湯器の調子が悪い方は、本記事で紹介してきました基本情報を確認の上で、早めに見積り依頼をしてみましょう。お湯が出なくなってからでは時間と心の余裕がなくなり、販売店のペースで契約が進みがちになるからです。

    すでにお湯が出なくなってしまって余裕がない方は、限られた時間をいかに活用できるかが勝負です。今すぐ依頼できるネット販売業者の無料見積りを活用し、最低2~3社の見積りを同時に取ることをおすすめします。

給湯器交換業者に困ったならこの2社

給湯器の交換はどこに頼むべき?業者選びのポイントと手段を解説!

キンライサー

施工実績累計10万件以上、年間25,000件以上
取扱メーカーリンナイ・ノーリツ・パーパス・パロマ・その他多数
対応エリア関東・関西・中部・九州
即日対応当日・翌日の対応可能

キンライサーは、創業20年以上・累計10万件以上の施工実績を誇る給湯器交換の専門業者。対応エリアは関東・関西・中部・九州で、24時間・365日受付対応!給湯器部門で3冠を達成するなど、サービス・価格・対応力が高く評価されています。

キンライサーの評判や口コミは?他社との違いを解説

正直屋

施工実績非公開
取扱メーカーリンナイ・ノーリツ・パロマ・チョウフ
対応エリア全国
即日対応当日・翌日の対応可能

正直屋は、全国に100店舗以上を展開している給湯器交換の専門業者。店舗所在地から施工現場が近い場合は最短30分で即対応!最長10年保証や取扱品数100種類以上、最大81%オフなどサービス内容も充実しています。